前へ
次へ

新規営業による営業求人で転職してみる

一口に営業職とってもその種類はいくつか存在します。
その中でも特にやりがいを感じやすいのが、新規営業と

more

既存営業の営業求人に転職してみよう

自社の製品やサービスを販売するために活躍する営業職。
未経験からの転職も可能であり、営業求人の情報をチ

more

転職をする時に営業求人を探す

転職をする場合には、様々な職場を見ておいた方が良いですが、比較的簡単に見つかりやすいのは営業求人にな

more

転職者向け営業求人の流れ

転職者向け営業求人の流れとして、まずは気になった転職者向け営業求人があればエントリーします。
エントリー方法としてはその会社へ直接連絡を取った上で履歴書を送付する方法と、インターネットで展開している求人の場合はネットから履歴書を送付する方法とがあります。
履歴書を送付したら、企業において書類選考が行われます。
それにパスしたら、面接となります。
面接は1度だけ実施する場合もあれば、2度、3度といったように複数回実施する場合もあります。
また、スタイルも様々なで、個別に面接をする個別面接と、複数人とまとめて面接をする集団面接、グループになって面接官の前で与えられたテーマについてディスかションする集団討論などといったスタイルがあります。
どのような方式をとるかは採用する企業によって異なりますが、概ね、面接の回数は3回程度、スタイルとしては1回目は集団面接もしくは集団討論で、2回目は若手面接官のよる個別面接、3回目は役員レベルの面接官による個別面接といったスタイルを取っているとところが多いです。
面接にパスしたら、晴れて内定となり、雇用契約書を取り交わして、正式にその会社の社員となります。
その後、辞令交付を受けて、企業の第一線の営業マンとして活躍することとなります。
辞令交付は本社で行われる場合もあれば、各支店で行われる場合もあります。
なお、このほか、筆記試験や適性試験を行う場合もあります。
筆記試験はいわゆる教養試験であり、時事問題などを問うスタイルが一般的ですが、最近は、語学力を試す試験を実施している企業も多くなっています。
また、内定時においては健康診断を実施することもあります。
企業が指定する医療機関で健康診断を実施し、その結果を企業へ報告することとなります。
以上が基本的な流れとなりますが、この流れについては採用する企業によって異なりますので、エントリーする際には確認することをおすすめします。

none

Page Top